Bluetoothイヤホンを3ヶ月使ってみて思ったメリット・デメリット[ERATO VERSE]

こんにちは。PIC(@picmylife)です。

皆さんはどんなイヤホンやヘッドフォンを使われていますか?

私は、3ヶ月前にBluetoothイヤホンデビューしました!

購入したのはこちら!

ERATO VERSE(楽天)

一般的にイヤホンと言えば、有線イヤホンですよね。

ERATO VERSEは無線イヤホンで、Bluetoothを使って曲を聴くことが出来ます。

私にとって音楽は通勤途中やブログを書いているときには欠かせない物です。

このイヤホンを購入してから有線と無線のあきらかな違いを感じました。

実際に使ってみないと分からないことを今回はメリット・デメリットとしてまとめてみました!

メリット

線がまったくない

有線のイヤホンを鞄とかポケットに入れると必ず絡まりますよね。

ぐちゃぐちゃになるし、直すのも面倒くさい・・・

パソコンともBluetoothでつなぐことが可能で、音楽を聴きながら作業が出来ますし、

途中でトイレとか席を離れたくなっても、イヤホンをいちいち外さなくてもいいです。

断線しない

私が一番困ったのが断線

片耳だけ断線してしまっては使い物にならない。

前のイヤホンは片耳だけ断線してしまって、今回の購入に踏み切りました。

本体がおしゃれで小さい

ERATO VERSEはイヤホンを充電ケースに収納するので、充電ケースはほぼ持ち歩くことになります。

ケースがとてもおしゃれで、とても気に入っています。

サイズも手のひらにすっぽりと収まるぐらいの小さく、持ち運びがほとんど苦にならないくらい小型です。

携帯がなくても通話が出来る

ERATO VERSEはイヤホンだけで通話が出来ます。

片耳しか聞こえませんが電話がかかってくると、イヤホンのボタンで通話に出ることが出来き、そのまま話すことが出来ます。

通話開始~通話終了までイヤホンのボタン一つですることが出来るので、とても便利です!

満員電車でも安心

コードがないので、他の人の鞄などに引っかかったりするのも防げます。

また、イヤホンにボタンが付いており、先に進むや音量などの操作ができるため

本体を鞄の中からわざわざ出さなくて良いです。

スポンサーリンク

デメリット

充電が大変

ERATO VERSEはイヤホンを入れるケースは充電器の役割があるので、

イヤホンの充電はケースに入れておけば完了します。

ですが、ケースを充電しないとイヤホンが充電されません。

また、オーディオプレーヤーも充電しないといけないため、

ケース・イヤホン・オーディオプレーヤーの3つの電池を常に気にする必要があります。

これは実際に購入して本当実感しました・・・。

電池の減りが早い

オーディオプレーヤーとイヤホンをBluetoothで繋げていますが、

有線イヤホンの時に比べて、電池の減りは早いです。

紛失しやすい

線で繋がっていないため、耳から落ちると確実に転がっていきます。

人に踏まれる可能性や穴に落ちる可能性もあります。

私も一回耳から落ちたときがあってヒヤッとしました。

途切れることがある

Bluetoothで飛ばしているため、人が多いところや電車の中だとプツプツ途切れます。

ERATO VERSEは右と左が繋がっていない完全ワイヤレスなため、片方だけ聞こえないこともあります。

電波なので途切れるのは仕方ないかなと思います。

動画やゲームが遅延

通話や音楽の時には気になりませんが、動画を見るときやゲームをしていると、遅延を実感します。

体感で0.2秒くらいの遅延だと思います。

なので私は動画を見るときは使っていません。

まとめ

最大の悩みであるコードの絡みや断線を解消してくれる変わりに、ズレや音切れがあります。

ですが私は購入して本当よかったなと思っています。

音楽や通話するのにはとても便利なので、ワイヤレスイヤホンにしようかなと考えている方には是非おすすめです。

スポンサーリンク