超簡単!家の中で座ったまま出来るダイエット方法5つ紹介!

こんにちは。PIC(@picmylife)です。

どうしてもPICは引きこもりたい体質です。

PIC
外には出たくない~!激しい運動も無理~!

だったら、家の中で簡単にできるダイエットすればいい!

というわけで、家でブログを書きながら出来る

PICが毎日行っている簡単なダイエット方法をご紹介!

スポンサーリンク

 1.座り方を変える

まず、座り方を変えましょう。

パソコンをしていると、どうしても猫背になってしまいます。

猫背など姿勢が悪いと、肋骨がゆがむので脂肪燃焼しにくい状態になります。

ですが姿勢を矯正して良くすると、内臓が元の位置に戻り代謝が上がるので、脂肪燃焼することができます。

なので、姿勢をきちんとしましょう。

座り方

・背筋をしっかりと立てる

・背もたれに身体を預けない

・お尻や太ももに体重をかける

・足はそろえる

これだけでも、結構きついです。

また意識して行わないと、いつもの座り癖に戻ってしまいます。

PIC
私もコレを長時間続けるのは未だにきついです(笑)

2.呼吸を意識する

呼吸って意外と大事です。

昔流行ったロングブレスダイエットをやったことがありますが、

お腹が結構引き締められます。

コツとしては、息を吐くときにお腹をヘコませながらゆっくり吐くことです。

ゆっくり吐くことがとても大事で、だいたい12秒くらいは吐いてます。

3.たまには背伸び

背伸びで効果あるの!?と思った方も多いはず。

背伸びはすごい体に良いんですよ!

背伸びをすることで、体の歪みが矯正されるため、腰の痛みや肩こりにも効果があり、

基礎代謝が上がり、冷え性、便秘やむくみの解消ができます。

ずっと同じ姿勢をしていると、血流が悪くなるため休憩するときには必ず背伸びをしましょう!

スポンサーリンク

4.おしりに力を入れる

お尻の穴を閉めるようにキュッと力を入れて、約30秒くらい続けます。

結構力を入れてましょう。イメージとしてはお尻のほっぺたにえくぼができるくらいです。

お尻の筋肉が鍛えられて、お尻の余分な脂肪が落ちます。

座っているときは力が入っていないため、立っている時と同じようにお尻の筋肉を使うことが出来ます。

おしりがキュッとなりたい方にはオススメです!

5.座ったまま筋トレ

かかとの上げ下げ

座ったまま、つま先に重心をおいてかかとを上げ下げします。

とても簡単なので、気が向いたときにはやっておくと、ふくらはぎがほっそりします。

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われて、血液を円滑に循環させるために必要な部分です。

上げ下げをやることにより、足の血流が良くなるため、むくみもとれるのでオススメです。

※やりすぎるとふくらはぎはつる事がありますので注意が必要です。

足を浮かせて腹筋

①イスに座る
②腹筋を使って両足をいっぺんに上げて、30秒キープ

最初は10cmで5秒くらいから離すのをオススメします。

手で椅子を持って支えても構いませんが、

手の力に頼り過ぎないよう腹筋の力で足を持ち上げるがポイントです。

腹筋を意識しながらやりましょう!

内股に挟んで筋トレ

太ももの内側の筋肉を鍛えると、美脚、美尻になります!

私が使っているのは内股deというものです。

ブログを書きながら、ギュギュッと太ももで押します。

ちょっと固いので意識して押す必要があります。

内ももは日常ではなかなか使わない筋肉で意識しないと鍛えられないため、

座っているときに鍛えましょう!

まとめ

イスに座ったままできるダイエットを5つご紹介しました。

姿勢を良くするだけも効果はあります。

わたしは、気づいたときにやるように心がけています。

忙しいし、きついのはやりたくない。

そんな人でも、普段のちょっとした意識から、ダイエットできちゃいます。

早速始めてみてくださいね!

スポンサーリンク