アートアクアリウム展 2018 〜博多・金魚の祭〜に行ってきた【現場レポート】

こんにちは、PICです。

アートアクアリウム展 2018が福岡で開催されて1ヶ月!

もう混雑が緩和しているかな?と思って行ってきました~

撮れた写真とともに、レポートをしたいと思います!

スポンサーリンク

アートアクアリウム展 2018 とは?

正式名称は

アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~ &ナイトアクアリウム

本展覧会は江戸時代に日本の生活に根差した文化として花開き、
日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、
和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、
最新の演出技術が融合した水族アートの展覧会です。
演者となる金魚たちは、普段お祭りなどで目にするものから、
なかなかお目にかかれない高級品種まで彩り鮮やかな生きた芸術品の競演となります。

参照:アートアクアリウム展 2018

以前にも博多で行われていましたが、

パワーアップして博多に再登場です!

開催期間と時間について

開催期間
3月16日(金)〜5月16日(水)

開催時間
月-木・日曜・祝祭日 10:00-21:00(最終入場 20:30)
金・土・祝祭前日   10:00-22:00(最終入場 21:30)

アートアクアリウム:10:00-18:00
ナイトアクアリウム:18:00-

開催中は、無休です。

ナイトアクアリウムの時間が18時からなので、注意が必要です。

開催場所について

開催場所:JR九州ホール
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F

くうてんのあるフロアで、

映画館の横にあるのJR九州ホールで開催されています。

入場料について

当日券
大人(高校生以上) 1,000円
小・中学生        600円
未就学児        無料

前売り券は3月15日(木)までだったので、売っていませんでしたが、

他にも、

  • 日時指定入場券
  • ドリンク付きペア券・ナイトアクアリウム限定
  • シティダイニング くうてん・お食事券付き入場券

の3つ販売しています。

チケットはセブンチケットにて購入することができます。

日付指定入場券は、混雑時でも優先して入ることができます

スポンサーリンク

実際に行ってみた

入場すると、出迎えてくれるのは可愛い金魚たち

種類ごとに別れていて、こんな種類の金魚がいるんだと驚きました。

次のエリアには、今回メインの超・花魁

この中にはなんと3,000匹の金魚がいます。

ライトが色とりどりに変わりとても美しいですね~!

ここのゾーンにかなりの人が集まっていました。

超・花魁の周りには手毬をモチーフにした、テマリリウムです。

伝統工芸である伊賀組紐と金魚のマッチがすごいですね。

上のフロアの中央には、雪洞をイメージした作品があります。

ぼんやりと照らし出される金魚と、

時間とともに色が変わる光が宝石のようでとてもきれいです。

多面体の特殊なアクアリウムです。

屈折が起きるため見る角度によって全然違います。

演出にこだわってるな~と思いました。

次のエリアに行くと、

江戸切子を用いた作品があります。

ガラスの加工がキレイで上から見ても横から見ても楽しめます。

最後のエリアには玉手箱が待っています。

玉手箱に金箔でデザインされていて、あふれる高級感!!

スポンサーリンク

カフェやショップもあります

ここでしか飲めない金魚の金魚カプチーノ(600円)を買いました!

金魚の絵がとても可愛くて飲むのがもったいないです。

※ナイトアクアリウムの18時以降は飲めません※

ショップも限定の金魚をモチーフにしたものが売っています。

金魚のぬぐるみやセンス、キーホルダーなどあります。

混雑状況は?

4月29日(日) 13時頃行きました。

入場待ちは無く、チケットは10分くらいで買うことができました。

ですが、会場内には沢山の人がいて混み合っていました。

 

ゴールデンウィーク5月16日(水)の最終日に近づくにつれて、

チケット購入でも混んだり、入場規制になる可能性はあります。

心配な方は日付指定入場券を購入しておいた方が良いかもしれません

スポンサーリンク

行ってみて思ったこと

1000円を払ってでも見に行ってよかったです!

最初は1000円するのか。高いな。と思っていましたがとても満足しました!

水面に映る光や金魚がとても綺麗で、日頃のストレスも吹っ飛びます

時間制限がないので、ゆっくり見て回れますし、

どれも凝っていて見飽きないです。

またくうてんではアートアクアリウムの半券で

割引してくれるお店があるので利用してみるのも良いですね!

ぜひこのゴールデンウィークに行ってみては?

スポンサーリンク