桜を一眼レフでキレイに撮影するちょっとしたコツ

こんにちは。PIC(@picmylife)です。

桜の季節ですね。

桜の季節はあっという間に過ぎていきます。

PIC
先日花見に行ってきました!

行った場所は、宮地嶽神社です。

福岡県福津市にあり、「光の道」で嵐出演のCMで有名な神社です。

今回は、桜の撮影してみたので、私が気づいた桜をキレイに撮るちょっとしたコツ

私が撮った写真と一緒に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

全体を撮るよりも、アップで撮る

お花見の季節はたくさんの人が来ていて、

桜の木の周りにカメラを持った人の塊ができています・・・

桜の木全体を納めようとすると、人がたくさん入ってガヤガヤ状態に・・・

なので、シンプルにお花のアップをメインに撮るのが簡単でおすすめです。

背景をぼかす

一眼レフは背景をぼかして撮れるところも魅力の一つです。

Av(絞り優先モード)に設定して、F値を小さくしてみましょう。

Avモードにすることによって、F値のみの設定でいいので、初心者でも簡単に設定ができます。

ぼかすことによって、桜に目が行きキレイに撮ることができます。

人をいれて撮ってみる

人を背景にすることで奥行感がでて、見せたい部分を強調できます。

桜をメインにしたい場合は、人をぼかす(左)

人をメインにしたい場合は、桜をぼかす(右)

このちょっとしたコツで、テーマがはっきりします。

スポンサーリンク

空をバックに撮ってみる

青い空と桜のピンクの色はとても相性が良く、春らしさを出してくれます。

ポイントは太陽に背を向けて(順光)、カメラのピクチャースタイルを風景かビビッドにして撮りましょう。

前ボケしてみる

被写体の桜の前に、ほかの桜の花を挟んでみましょう。

後ろの桜にピントを合わせることによって、前ボケすることができます。

前ボケをすることにより、柔らかな雰囲気を演出することができます。

落ちている花びらにも注目してみる

桜と言えば上ばかり目が行きますが、

散った後の桜の花びらも注目するべきポイントです。

水たまりの上や、アスファルトの上の花びらの絨毯にも注目してみましょう。

まとめ

桜の取り方を初心者なりにまとめてみました。

ボケや構図などを意識しながら撮影するとキレイに撮れるはずです。

カメラを始めたばかりの方や、これから撮影しに行くという方の参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
猫を上手く撮りたいならこの記事「初心者でもできる!猫カフェで猫をかわいく撮る5つのコツ【一眼レフ】

スポンサーリンク